• Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi
  • Lion_NitokuMishimaYunomi

羅以音窯 / 二徳三島端反り湯呑み

福岡県飯塚市に、窯を構えるご夫婦の陶芸家「羅以音窯(らいおんがま)」。

江口夫妻が制作する作品は、彫刻や象嵌を中心とした、細かい装飾が印象的です。

手間を惜しまず、ひとつひとつ丁寧に作られた、こだわりの器。

高麗末期-李朝初期(14-15世紀)頃に作られ、日本に渡ってきた、象嵌の装飾「三島」の器。三島茶碗でありながら、井戸茶碗(小井戸)の特徴を併せ持つ「二徳三島」の端反り湯呑み。

煎茶茶碗のサイズ感となります。煎茶以外のお茶にも、日本酒を嗜む器としても、オススメです。

上から別の釉薬がかけられ、白とグレーっぽいカラーとのコントラストが楽しめる、非常に手間がかかる仕事で制作された器です。

江口誠基氏の、豊かな経験や熟練の技による、独創性あふれる美しい作品。側面には署名が掘られてます。

内側の化粧土の白に、煎茶の鮮やかな緑が映える、贅沢にお茶を味わう時間を演出してくれる湯呑み。使い込むほど、見込み(内側)の三島暦模様の白さが良い具合に褪せて、味わい深く育つ、視覚的にもお茶を楽しむための器です。

 

【サイズ】約 W9.5 cm × H5 cm

【材質】土、釉薬など

【生産国】日本 / 羅以音窯

 

※手づくりの陶芸品のため、1つ1つ若干の個性(形や色などの違い)が生まれます。乾燥や焼成などの工程で、水分の飛び方等による縮み方、完成サイズ等が1つずつ異なったり、彫刻や絵付けなどの装飾をされる際も、手作業のため、全く同じものは出来ません。土や釉薬に含まれる鉄などの不純物が反応した黒点なども表情に出ます。また、三島手は、工法の過程で、彫刻部分にわずかな気泡が入ることがあるため、表面の釉薬に気泡がはじけた跡が出ることがありますが、ご利用には影響ありません。ひとつひとつ手仕事で制作される品の個性でもありますので、お楽しみいただけると幸いです。状態などの詳細に関するご要望やご指定は、ご希望に添うご案内が難しい場合がございます。ご了承の上、ご注文いただきますよう、お願い申し上げます。

 

羅以音窯 一覧

和食器一覧

販売価格(税別)
¥2,700
在庫状態
在庫有り
数量