• Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD
  • Onoekouta_MeshiwanGD

オノエコウタ / 飯碗 / 金彩

陶芸家 オノエコウタさんの「角鉢(金彩)」。

陶が創り出す空間の美しさをテーマに制作される作品。

独学で陶芸を学ばれた背景からか、独特な世界観をもち、個性的な作品を作り出されます。

上品でかっこよく、シンプルだけど個性的。様々な表情を見せてくれる作品は、ひとつずつ丁寧に手作りで制作されています。

1200度前後で焼成した器に金を施し、さらに700度前後で再び焼き付けを行うことで、独特な金属のような表情を出しています。

金彩は本物の金を含有しており、真鍮などによる擬似的な発色とは異なり、経年変化が起きにくく、金の輝きをずっとお楽しみいただけます。

もし、くすみなどが気になる状態になった場合は、器を少し濡らし、指や布などに「重曹」を付けて軽くこすると、輝きが元に戻る場合があります。

半磁器でありながら、まるで金属のような表情。触るとザラッとした質感です。

細部までの形成技術が、非常に高度な作品。

高台のついた、上品な印象の飯碗です。

 

【サイズ】約 直径11.7cm(上部)× 高さ7.2cm

【材質】半磁器、金彩

【生産国】日本

 

※手づくりの作品のため、1つ1つ若干の個性(形や表情等の違い)が生まれます。手作業のため、全く同じものは出来ません。そのため、状態などの詳細に関するご要望やご指定は、ご希望に添うご案内が難しい場合がございます。ご了承の上、ご注文いただけますと幸いです。

 

※金属を含む釉薬を使っているため、電子レンジ利用は不可となります。漂白剤の利用も塩化反応が起こる可能性があるため、不可となります。

 

オノエコウタ 一覧

和食器・現代陶芸 一覧

販売価格(税別)
¥6,000
在庫状態
売り切れ
売り切れ